2007年07月09日

グラストラッカーをカスタム

スズキのグラストラッカーを買ったばかりバイク初心者さんなら
トラッカーハンドルを残したまま、レトロで古めかしい感じにカスタムされてはいかがでしょうか?

まずグラストラッカータンクの塗装を落として、わざと錆びさせます。
程よく錆びたらそれ以上錆びないように、クリヤーを塗れば、いい感じになります。
グラストラッカー通なら常識ですよね。

ノーマルのグラストラッカーを最初にカスタマイズしたくて
もう少し、出だしがよくなればいいなぁと思いませんか?

市販状態のノーマル車両というのは、いわゆる万人向けにバランスが取って販売しています。
しかし、購入者の嗜好をそれで全て応えることができないのでカスタムしたいという欲求が生まれるんですよね。
従ってカスタムの理由やパーツはオーナーそれぞれの嗜好を反映したものとなるはずです。

ですのでグラストラッカーをカスタマイズして出だしを良くする目的はひとつでも、それまでの道程はひとつとは限りません。
スプロケット(2次減速比)を変えるのもひとつですし、マフラーを変えるのもひとつです。
キャブ交換も好結果が期待できます。軽量化も効果があるかもしれません。
ボアアップでもすれば驚くほどの加速を得られるかもしれません。

いきなり大金を掛けて、グラストラッカーを大改造は難しいでしょう。
少額でできることから手を付ければ、あなたのグラストラッカーでやりたいこと実現できます。

となればスプロケ交換等は比較的手を出しやすいですね。
マフラー交換は軽量化とルックス、サウンドも変化を楽しめます。

しかしグラストラッカーのカスタマズもデメリットもあります。
スプロケは回転数のアップで燃費や音量が大きくなりますし、
マフラーは音量が大きくなり、性能ダウンの可能性もないとは言えません。
当然掛けたコストもマイナス要素と言えます。

手間は掛かるがコストの掛からない方法としてキャブセッティングも有効かもしれません。
グラストラッカーノーマル状態でしたらセッティングは安全を見越して濃いめのことが多いです。
これを少し薄い方向に合わせてやると、パワーと燃費が両立できる可能性もあります。
posted by グラストラッカー at 22:00| グラストラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。