2007年07月09日

グラストラッカーをカスタム

スズキのグラストラッカーを買ったばかりバイク初心者さんなら
トラッカーハンドルを残したまま、レトロで古めかしい感じにカスタムされてはいかがでしょうか?

まずグラストラッカータンクの塗装を落として、わざと錆びさせます。
程よく錆びたらそれ以上錆びないように、クリヤーを塗れば、いい感じになります。
グラストラッカー通なら常識ですよね。

ノーマルのグラストラッカーを最初にカスタマイズしたくて
もう少し、出だしがよくなればいいなぁと思いませんか?

市販状態のノーマル車両というのは、いわゆる万人向けにバランスが取って販売しています。
しかし、購入者の嗜好をそれで全て応えることができないのでカスタムしたいという欲求が生まれるんですよね。
従ってカスタムの理由やパーツはオーナーそれぞれの嗜好を反映したものとなるはずです。

ですのでグラストラッカーをカスタマイズして出だしを良くする目的はひとつでも、それまでの道程はひとつとは限りません。
スプロケット(2次減速比)を変えるのもひとつですし、マフラーを変えるのもひとつです。
キャブ交換も好結果が期待できます。軽量化も効果があるかもしれません。
ボアアップでもすれば驚くほどの加速を得られるかもしれません。

いきなり大金を掛けて、グラストラッカーを大改造は難しいでしょう。
少額でできることから手を付ければ、あなたのグラストラッカーでやりたいこと実現できます。

となればスプロケ交換等は比較的手を出しやすいですね。
マフラー交換は軽量化とルックス、サウンドも変化を楽しめます。

しかしグラストラッカーのカスタマズもデメリットもあります。
スプロケは回転数のアップで燃費や音量が大きくなりますし、
マフラーは音量が大きくなり、性能ダウンの可能性もないとは言えません。
当然掛けたコストもマイナス要素と言えます。

手間は掛かるがコストの掛からない方法としてキャブセッティングも有効かもしれません。
グラストラッカーノーマル状態でしたらセッティングは安全を見越して濃いめのことが多いです。
これを少し薄い方向に合わせてやると、パワーと燃費が両立できる可能性もあります。
posted by グラストラッカー at 22:00| グラストラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

グラストラッカー

グラストラッカーに長時間乗っているとおしりが痛くなってしまいがちです。

その時はDjebel200で100円均一の座布団を使用されてはいかがでしょうか?
格好悪いのでツーリング時限定ですが。グラストラッカーでも工夫すればなんとかなります。
座布団の紐が切れかもしれませんので、その時紐でマフラー等の熱を持つ部分を避けてグラストラッカー内部に通して固定しましょう。

つまりバイクが単気筒の振動で薄いシートであればお尻が痛くなります。

対策としては肉厚の厚いシートに交換するのがベストですが、
グラストラッカースタイルにぶ厚いシートは似合わないという人もいるかもしれませんね。
もうその時は我慢するしかありません(汗)

ツーリングなど長時間グラストラッカーで走る時の対策は、以下の2点です。
@自転車用のパットが入ったパンツを履く
Aアウトドア用パンツを履いて蒸れにくくする 

おしりが痛くなる原因としては、以下の2点のような気がしてます。
@長時間クッションが少ないシートに座っている
Aおしりとシートの間が汗で蒸れるとすれて痛くなる
ですので、この2つを解消すると違ってきます。ただし100%解消しないです。
あとは、グラストラッカーのシートを変更するしかないですよ。
posted by グラストラッカー at 15:00| グラストラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

グラストラッカービックボーイ

グラストラッカービックボーイのエンジンは
250ccという決して多くない排気量で、シンプルだけれど大きな出力は求められない空冷単気筒です。

ですので、100キロぐらいを出すと、エンジンがうなると言うか音が変わるので怖くてそれ以上速度を出さなくなってもおかしくありません。

グラストラッカービックボーイは100km/hで走らせるのはちょっときついかもしれませんね。
でもそのくらいじゃグラストラッカービックボーイは壊れたりはしないから安心してください。
直線でひっぱると120km/hくらい出ると思います。
うるさいのと振動を我慢すれば110キロで連続走行も可能です。
グラストラッカービックボーイのエンジンは平気です。

でもグラストラッカービックボーイは決して高速走行の安定性など、高性能さをもとめた車両ではありません。
シンプルなゆえの手ごろな値段、車両の軽さ、単気筒ならではの乗り味、メンテナンス性の高さなどを魅力としています。きつい向かい風や登坂路では維持が困難な場面も出てきます。

街中を走るには1000ccオバーの多きな車両より、グラストラッカービックボーイのようなクラスの車両の方が軽快さで有利ですよね。
posted by グラストラッカー at 23:18| グラストラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。